ライン

ライン

 

就業規則作成における労働者の過半数を代表する者

就業規則作成における「労働者の過半数を代表する者」とは、その事業場の労働者全員の意思に基づいて選出された代表をいいます。

 

過半数を代表する者は、次のいずれにも該当しなければなりません。
@労働基準法第41条第2号に規定する監督又は管理の地位にある者でないこと。
A就業規則について従業員を代表して意見書を提出する者を選出することを明らかにして、実施される投票、挙手等の方法による手続きにより選出された者であること。

 

選出方法の例

・投票を行い、過半数の労働者の支持を得た者を選出する方法
・挙手を行い、過半数の労働者の支持を得た者を選出する方法
・候補者を決めておいて投票とか挙手とか回覧によって信任を求め、過半数の支持を得た者を選出する方法
・各職場ごとに職場の代表者を選出し、これらの者の過半数の支持を得た者を選出する方法

 

▲このページのトップへ

 
社会保険労務士田中邦明事務所〔site map
〒115-0044 東京都北区赤羽南1-4-12 カテリーナ赤羽702
TEL:03-6310-0540 MAIL:問い合わせフォーム
Copyright (C) 2010 tnkoffice.jp All Rights Reserved.